【レビュー】アップルウォッチ3に最適な保護フィルムとは!?

どうも、iPhoneでもAndroidでも、スマホならなんでも保護フィルムを貼っちゃう系男子です。

アップルウォッチまで保護フィルム張るのどうかなー、なんて思ってみたりするんですけど、貼っちゃう!

だって、過保護だから!

というのは冗談ですが、液晶部分を守るためにも保護フィルムは必須でしょう。

今回はレビューのほかに失敗談もあります!

 

アップルウォッチに保護フィルムを貼った件

アップルウォッチに保護カバーを貼った

腕時計って、自分でも気がつかないうちに色んな場所にぶつけたりしますよね。

フィルムなんて貼らなくても生きていけると思っていたあの頃。

アップルウォッチが届いたその日に飲み会にいって、ベロベロに酔っ払って帰ってきたらたくさんキズが入っていました(泣)。

幸いTPUケースが守ってくれたので本体は無傷だったのですが、液晶部分にキズがついたら大変だということで急いでポチりました。

 

・保護フィルムを貼る理由とは

アップルウォッチに限らず、液晶部分に何も貼らない派の人がいますよね。

あれって、知らない間にキズがゴリゴリ入るので止めたほうがいいです。

新型のiPhone8はどうか分かんないんですけど、ゴリラガラスって爪でも角度によっては傷ついたりするんで。。。

あと、柔らかいプラスチックの角でも余裕でキズが入ります。

よほど宗教上の理由でもない限りは、貼っておいた方が精神衛生上もいいですね。

 

偽物!?分厚すぎてフィルムが貼れない

アップルウォッチ用のガラスフィルムが小さすぎて貼れない

「アップルウォッチの液晶なんて、面積小さいから貼るの簡単じゃない?」

って思っていたのに、届いた保護フィルムが貼れないという自体に・・・!

まずフィルムが小さい。

めちゃくちゃ小さい。

間違って38ミリ用のものが届いたのかなって思ったんですけど、Amazonの説明を見たら間違ってなさそう。

うわー、なんか嫌な感じがしてきた。。。

 

・とりあえず貼る!

アップルウォッチ用のガラスフィルムが小さすぎて貼れない2

なんかこの時点で騙された感じがするけど、とりあえず貼ってみよう!ということでペロペロっと液晶表面を拭いて貼り付けます。

で、しっくりこない。

すごくイライラしながらも使い続けてみるものの、しっくりこない。

というか分厚い。

 

・貼り終わってみて

アップルウォッチ用のガラスフィルムが小さすぎて貼れない3

厚みが1ミリぐらいあるのでフィルムの端で指が引っかかるんです。

「あー、これ偽物か、もしくはレビュー詐欺だわ。」

ということで泣く泣くフィルムを捨てました。

−¥500

チーン・・・。

 

保護フィルムの高いやつを買ってみる

アップルウォッチ用のTPU保護フィルム

どっちにしても僕にはこの先、

  • アップルウォッチにフィルムを貼るか
  • アップルウォッチを付けて飲みに行かない
  • もしくは酔わない

の3通りしかありません。

キャバクラに付けていくとモテるという噂を聞いているので、飲み会には絶対に付けていきたい!

ということで、新たにフィルムを買いました。

前回買ったフィルムより高かったけど、こいつは期待が持てます!

 

※保護フィルムはここに気をつけて!

アップル製品の中国製サードパーティは安い反面、怪しさもあります。

今回はレビューがすごく良かったのにも関わらず、実用性のないものが届きました。

真面目な話、失敗したくなければヤマダ電機のような電気屋さんで買うのが一番だと思います。

 

保護フィルムは種類があるよ

あと、気をつけるポイントとして、保護フィルムは複数種類があります。

今主流なのはこの2つ。

  1. 丈夫なガラスフィルム
  2. 柔軟なTPUフィルム

1回目に買ったガラスフィルムは硬度があって曲がらないので、アップルウォッチみたいな曲面ガラスに向いていません。

僕が無知でした。

TPUフィルムはガラスフィルムのような強度はありませんが、曲面にピタッと貼れるためアップルウォッチに向いています

2回目に買ったフィルムがTPUです。

経験上、TPUフィルムは複数枚入っていて抱き合わせで値段を上げています。酷いです。

友だちとお金を出し合って買えばシェアできていいですよね。

 

TPUフィルムは貼れた

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムの中身

中身を開けたら、まず目に飛び込んでくるのが画像右端のスティックのり。

「こんなん見たことねぇ!」

 

・説明書通りに貼り付けていくよ

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムの説明書 アップルウォッチ用のTPU保護フィルムの説明書2

分かりにくい人用にYOUTUBEも用意してくれてるらしいです。親切!

とりあえず3枚入っていたので、失敗したら動画でも見ようかなって、まずは適当にプレイ。

 

スティックのりじゃなくてスプレーでした

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムの液体スプレー噴射後

なんかスティックのりだと思っていたのが、じつは変な液体の入ったスプレーでした。

こういうのって、車にスモークフィルム貼るときにもやったよなぁ、なんて思いながらプシュプシュっと。

ケチるといいことないので満遍なく濡らします。

 

カバーは最初に外そうね!

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムをはったところ

いやー、失敗失敗。

フィルムが大きすぎて、アップルウォッチにカバーを付けている状態じゃ貼れません。

それだけ保護面が大きいってことですよね。さっきのガラスフィルムと違って安心できます。めちゃ薄いし。

 

気を取り直して貼る

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムを貼るためにパーツを外す

カバーを外すために、全部バラしました。

サクサクっとやってしまいましょう。

 

完成!

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムを貼ったところ2

そのあとは、とくに問題もなく貼り終わりました。

小さいからホコリも入らないし、ゴミもつかない。

なんて楽なんだ。

新しいTPUフィルムなので指の滑りが若干気になるけど、使っているうちに馴染んでくるでしょう。

 

まとめ

アップルウォッチ用のTPU保護フィルムを貼リ終わって寝かしているところ

ということで紆余曲折しながらアップルウォッチに保護フィルムを貼ってみました。

小さいから簡単だと思っていましたが、こんなに難航するなんて思ってもいませんでした。

まだあまり情報がないし、おかげで失敗も多いんですが、こういうのも楽しいなって思えるようになってきたかも。

ここを読んだ皆さんは失敗しないようにしてくださいね。