【効率化】ワーキングデスクをイケアの調整式の足に交換した話

今回は、

「作業用机の脚を、イケアの調整式の脚に交換したら作業効率が上がりましたよ。」

という話です。

調整式にすることで、自分に合った高さにすることができます。

おまけに、机を前傾にすることによって、キーボードの打ち安さが格段に上がったのです。

机の脚自体も3000円という破格なので、今の机に違和感のある人はサクッと変えてしまってください。

 

机の脚を交換した話

事務机の代わりに使っているダイニングテーブル

じつは今まで、作業用の机の代わりにダイニングテーブルを使っていました。

というのも、事務机ってなんかカッコ悪いじゃないですか?オシャレじゃない感じ。

なのでちょっと高かったのですが奮発して、ダイニングテーブルとオフィスチェアという組み合わせで作業をしていました。

でも、ダイニングテーブルって事務用机と同じ70cmでも高さを感じるんですよね。

なのでずっと違和感を感じたまま作業をしていたんです。

 

机の高さがストレスに

真面目に働く

フリーランスに一番必要なのはモチベーションですよね。わかります。

モチベがどうしても上がらないときに、上がらない理由を自己分析したら、原因は机だったことがわかりました。

なんとなく気にはなっていたんですけど、ここまでストレスになっていたなんて。

というわけでさっそく交換することにしました。

 

イケアはすごいよ

イケアのテーブル脚

最初は机の脚を普通に交換しようと思ったのですが、高さがよく分かんないのと、値段がけっこうするので躊躇していました。

で、しばらくネットウォッチングをしていると、高さ調整式の脚というのがあることを知るわけです。

しかもイケアなら4つで3000円。(送料込みで3600円でした。)

ありえない安さで速攻ポチりました。

3000円なら失敗しても精神的ダメージが少なくてすみますから。

 

さっそく交換するよ

というような経緯で手元に届いたテーブルの脚。

手順としては

  1. 今ついている脚を外す
  2. 交換用の台座をつける
  3. 脚をとりつける
  4. 高さの調整

4つの手順をクリアすればいいだけです。

一応、写メを撮りながら作業したのでシェアしたいと思います。

取り付け前が下記画像です。

 

今ついている脚を外す

今ついているテーブル脚を外しているところ

テーブルの脚をサクサクっと外していきます。

結構カッコ良かったんで愛着ありますけど、背に腹は変えられません。

「俺には作業効率の方が大事なんじゃーーー!!」

外した脚はメルカリあたりで売りますかね。。。

 

交換用の台座をつける

交換用の台座をつける

交換用テーブル脚の台座をとりつけなければいけません。

前についていた台座は、外すのがめんどくさいのでそのまま置きました。

 

ネジが結構長いです

イケアの交換脚用のネジが長い

テーブルの素材によっては割れる可能性があるため、下穴を開けたほうがうまくいきそうです。

僕はO型だから気にせず電動ドライバーで強引に押し込んでいきました。

 

脚をとりつける

脚を交換したところ

クルクルとネジこんでいけば脚はとりつきます。

むしろ、台座をとりつけるまでで90%作業が終わっています。笑

あまり締めすぎるとネジが舐める可能性もあるので、そこそこで止めておきましょう。

 

高さの調整

イケアのテーブル脚にかかれている数字

イケアのテーブル脚は、引き出すと高さの線が書いてあります。

物差しをわざわざ用意したのに、この線に合わせて調整したほうが楽に決まりました。

調整が終わったら、脚をギュッと回して強く締めておきましょう。

締め付けておくとガタツキが減ります。

 

モニターアームがあれば傾斜も余裕

テーブルの傾斜をモニターアームでカバーしたところ

机に傾斜をつけると、角度によってはモニターが倒れちゃうんです。

なので、そういうときはモニターアームをつけると上手くいきますよ。

安いものだと一個3000円前後で手に入るので一度試してみて欲しいです。

モニターの下がフリーになるので作業効率アップにも若干効果アリですよ。

 

まとめ

傾斜を付けた作業台

雑にまとめますが、

  1. 作業が格段に楽になった
  2. 黒なのでオシャレ感をそこなわない
  3. 若干ガタつくようになった

こんなところでしょうか。

余裕があれば、電動ドライバー(2000円ぐらい)があると作業が素早く終わるのでオススメです。

ということで、テーブル脚の交換でした。

クルーズ&アトラスに憧れているけど高くて買えない人にもオススメのDIYです!