オンライン英会話はフィリピン人講師でも平気?ネイティブ英語との違い

ネイティブの英語の違い

多くのオンライン英会話サービスでは、フィリピン人の講師の方が多く在籍しています。

フィリピン人講師と聞いて、

「訛りが移ってしまわないか心配…」

「ネイティブの人とスムーズな会話ができるのだろうか?」

という不安を持たれる方もいらっしゃると思います。今回は、フィリピン人英語の実態とネイティブスピーカーとの違いについて詳しく紹介します。

フィリピン人講師とネイティブ講師どちらがいいのか迷っているという方は、ぜひご覧ください♪

 

フィリピン人の「英語」レベル

フィリピン人にとって英語は第二言語にあたり、日常会話ではそれぞれの母国語を話しています。

フィリピン人の言語は地域によって異なるのが特徴で、その数は約80言語ほどあるといわれています。フィリピン人の話す母国語ではタガログ語やビサカ語が有名です。

ただし、フィリピンでは小学生の頃から英語教育を受けています。

授業では国語以外のすべての授業で英語が使われているため、英語力は非常に高いといえるでしょう。

 

フィリピン人とネイティブの英語の違い

ネイティブの英語の違い

ネイティブとの大きな違いは「発音」と「表現力」

では、ネイティブの話す英語とフィリピン人の話す英語では具体的にどういった点が違うのでしょうか?

大きな違いとしてあげられるのが「発音」と「表現力」です。

フィリピン人の話す英語はネイティブに比べてスピードが遅いのが特徴。発音や抑揚の付け方も微妙に異なります。

そのため、英語が堪能なフィリピン人でもネイティブとの会話で英語が通じにくかったり、聞き取れなかったりすることがあります。

また、語彙の数もネイティブに比べ少ないため、ときたま会話の理解に苦しむということもあるようです。

 

ネイティブスピーカーを選ぶかは目的や英語レベルによる

英会話を習う目的はそれぞれ違います。英語のレベルにも個人差があるため、一概にネイティブが良いとは限りません。

ネイティブ、フィリピンにはそれぞれの特徴と魅力があります。

上記で紹介したメリット・デメリットを参考にし、自分の目指すところ、重視する点などを主軸に選んでみてください。

 

ネイティブスピーカーが選べるオンライン英会話

ネイティブだからといって教え方が必ずしも上手いとは限らないため、質のよいレッスンを受けるには、

「教授法を身につけた講師が在籍」

「講師の質に重点を置いている」

会社を選ぶのがコツとなります。

ここでは、ネイティブスピーカーが選べるオンライン英会話で、個人的におすすめの二社を紹介しますので、よろしければ参考にしてみてください♪

 

dmm英会話

dmm英会話

dmm英会話は、さまざまな国籍の講師が在籍しているのが特徴です。

アジア系はもちろん、アメリカ・イギリス・カナダといった120か国から6500人の講師が在籍しており、優れた講師からネイティブな英語を学ぶことができます。

価格も1レッスン1回500円と非常に良心的。ネイティブスピーカーのレッスンを365日、24時間いつでも受講できるのが魅力です。

DMM英会話のおすすめポイントや実際に使ってみたレビューは下記の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

参考:【豊富な教師陣!】DMMオンライン英会話のおすすめポイントと使ってみたレビュー

 

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

多くのオンライン英会話サービスでは、フィリピン人の講師の方が多く在籍しています。

フィリピン人講師と聞いて、

「訛りが移ってしまわないか心配…」

「ネイティブの人とスムーズな会話ができるのだろうか?」

という不安を持たれる方もいらっしゃると思います。今回は、フィリピン人英語の実態とネイティブスピーカーとの違いについて詳しく紹介します。

フィリピン人講師とネイティブ講師どちらがいいのか迷っているという方は、ぜひご覧ください♪

参考:【レッスン無制限!】ネイティブキャンプのおすすめポイントと使ってみたレビュー

 

ネイティブ講師のオンライン英会話が向いているひと

普通に英語を話すだけであればフィリピン人講師から教わった英語でも支障を感じることは少ないでしょう。

では、ネイティブスピーカーのレッスンが向いているのはどんなひとなのでしょうか?

 

仕事でネイティブと交流する必要があるひと

通常のビジネス会話であればフィリピン人から習得した英語でも十分通じます。

しかし、ビジネスの現場でネイティブスピーカーと関わる可能性があるのなら、それ相応の場数を踏んでおきたいところ。

ネイティブスピーカーのレッスンでは、リスニング力やニッチな表現力への適応力がしっかり身につくため、現場で英語を役立てたいというひとにおすすめです。

 

TOEICなどの資格対策をしたいひと

ネイティブとスムーズに会話をするためには、最低でも4000語以上の語彙を必要とします。ネイティブとの会話を重ねていくことで自然と語彙力が増えるため、TOEICの点数アップを目指すひとにもおすすめです。

 

より高い英語力を身に着けたいひと

ネイティブとの会話でリスニング力が向上し正しい発音が身につきます。フリートークでは細かい点につっこみを入れてきたり掘り下げて聞いてきたりするため、英語に対する高い対応力が養われるでしょう。

 

ネイティブスピーカーを選ぶかは目的や英語レベルによる

英会話を習う目的はそれぞれ違います。英語のレベルにも個人差があるため、一概にネイティブが良いとは限りません。

ネイティブ、フィリピンにはそれぞれの特徴と魅力があります。

上記で紹介したメリット・デメリットを参考にし、自分の目指すところ、重視する点などを主軸に選んでみてください。

 

まとめ

ネイティブスピーカーとフィリピン人講師ではどちらもメリット・デメリットが存在します。それぞれの特徴を把握し、自分にとって適切な方を選びましょう。

また、講師が在籍する会社選びも非常に重要です。

英会話をより効率よく学びたいのなら、講師やレッスンの質にこだわった会社を選ぶのがポイント!

オンライン英会話サービス選びに迷ったら、記事で紹介したdmm英会話やネイティブキャンプも検討してみてください。

また、フィリピン人講師でも構わない、初めての英会話を手軽に・安く・楽しく始めたい!という方には、業界最大手のレアジョブをおすすめします。

レアジョブ英会話のおすすめポイントや、実際に使ってみたレビューや口コミについては、下記の記事で詳しくご紹介していますので是非チェックしてみてください。

>>【業界最大手!】レアジョブのおすすめポイントを徹底調査!使ってみたレビューも

 

世界100ヶ国以上の様々な国から講師が在籍するネイティブキャンプ。アメリカ・カナダ・イギリスなど、英語を母国語とするネイティブスピーカーからレッスンを受けることができます。

「レッスン回数が無制限」「予約不要」など他のオンライン英会話にはないサービスが特徴!24時間体制なので仕事が忙しくて深夜にしか時間が取れない、という方にも最適です。

ネイティブキャンプを実際に私が使ってみたレビューは下記の記事で詳しくご紹介しています。気になる方は、是非チェックしてみてください

>>【レッスン無制限!】ネイティブキャンプのおすすめポイントと使ってみたレビュー