【30代の基本】男性のスーツは2つボタンと3つボタンどちらがいいの?

2つボタンと3つボタンスーツの違い

スーツを選ぶ際には、生地や柄はもちろんですが、まずは基本的なデザインを決める必要がありますよね。

とくに、スーツのデザインで気にするポイントのひとつとして、ボタンの数があります。

ボタン数の違いの意味はご存じでしょうか?

基本的には2つボタンと3つボタンがありますが、それぞれの特徴や違いを把握しておけば、スーツ選びで間違える可能性も低くなります。

見落としがちなところではありますが、30代であればそれぞれの違いを理解した上で最適なものを選びたいところです。ボタンの違いによって、相手に与える印象も変わりますから。

そこで今回は、30代が選ぶスーツの「2つボタンと3つボタンの違い」について詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

2つボタンスーツの特徴

2つボタンのスーツは、最もスタンダードなスーツといえるでしょう。

一般的なビジネススーツを店舗で購入するときは、この2つボタンのスーツの購入が基本になります。

特徴としては『場所を選ばない』と言う事。どのような場所でも使用することができます。

フォーマルな場所でもカジュアルな場所でも、2つボタンのスーツを着用するようにしておけば間違いはありません。

座るときにデザインが崩れるため、通常は上のボタンだけを止めます。

※重要な会議や大切な人に会うときは、しっかりとした印象を持ってもらうためにも、すべてのボタンを留めることがあるようです。

 

3つボタンスーツの特徴

2つボタンと比べると、3ボタンスーツは古臭さを感じさせます。

着用するサイズや型によっては、30代で着こなすのは難しいです。同僚などが着ているのを見ると一気に老けた印象を与えることもありますよね。

ボタン位置が高くVゾーンが狭いため、サイズにゆとりが出たように見えますし、ちょっと悪くいってしまえば胸周りからお腹にかけて寸胴に見えます。タイトな着こなしには合いません。

なので、今は2つボタンに見える「段返り3つボタンスーツ」というのが一般的です。

下記で説明しますね。

 

最近主流の「段返り3つボタンスーツ」

段返り3つボタンスーツ

上の画像はパッと見、2つボタンのスーツに見えますが、じつは下襟の中に第1ボタンが隠れています。

一番上のボタンホール(ボタンを留める穴)とボタンを留めている襟(ラペル)の部分が、少しめくれています。

こういうタイプを「段返り3つボタンスーツ」といいます。1番上のボタンは使いません。そういうデザインなのです。

今の3つボタンスーツといえば、ほぼこの段返り3つボタンスーツを指すようになりました。

スーツの本場イギリスではなく、100年ほど前にアメリカで発祥した比較的新しいスタイルです。クラシックな印象を与える3つボタンスーツにおいて革新的なデザインといえるでしょう。

 

スーツのボタンの留め方は?

スーツのボタンの留め方

 

2つボタンのスーツは上ボタンだけ留めます。

逆に3つボタンの場合、真ん中のボタンだけを留めるパターンと、上2つのボタンを留めるパターンの二種類があります。

段返りタイプの3つボタンスーツは真ん中だけ、3つボタンが全部見えるタイプは上2つ、をそれぞれ留めます。

まぁ、小難しいことを考えなくても、

  • 正面から見てボタンの数が3つなら上2つを留める
  • 正面から見てボタンの数が2つなら上1つを留める

という認識でいればOKです。

要は一番下のボタンが開いていれば、それでいいのです。

 

その他のボタン数のスーツについて

1つボタンスーツ

2つと3つが主流ではありますが、その他にも1つボタンと4つボタンのスーツがあります。

これらのスーツは、基本的にビジネスシーンでは着用することはありませんので、この点は覚えておいてください。

ボタンが1つのスーツは、タキシードなど結婚式やパーティー会場で着用することになります。礼装と呼ばれているもので、着用する場所は非常に限定されます。

ボタンが4つのスーツは、それほど見かけることはありませんが、ビートルズなどのファッションの影響を受けています。熱烈な愛好家もいますが、基本的にはスーツをファッションと捉えて着用するものです。

ビジネスシーンで着用することはありません。もし着たいのならプライベートだけにしておきましょう。

 

2つボタンと3つボタンどちらを選ぶ?

2つボタンと3つボタンスーツの違い

結論から言えば、個人の趣向と場所によってどちらが良いか決まります。

各特徴でも取り上げたように、2つボタンは若者っぽく。3つボタンは大人っぽい印象になります。

もしスーツを1着だけ用意するということであれば、とりあえず2つボタンを買っておけば間違いないでしょう。

 

TPOと自分の趣味で選んでOK

スタンダードな2つボタンのスーツは失敗することがない堅実な選択肢です。

30代にもなると役職がつくこともありますので、そのときにも2つボタンのスーツが良いでしょう。

3つボタンのスーツも、会社の雰囲気によっては全く問題ないことも多々あります。自身の好みが3つボタンで、会社の雰囲気に全く問題がないときは、3つボタンのスーツを着用しても構いません。

2つボタンと3つボタンのスーツには、それぞれに向き不向きがあります。スーツの特徴を良く理解するようにして、自身に合っているスーツを着用するようにしましょう。

 

まとめ

2つボタンスーツ

いかがでしょうか。この機会に、より洗練された大人のスーツファッションを目指してみてください。

また、素材や色によっても受ける印象は変わってきますから、ボタンの数はあくまでスーツを決める目安の1つでしかありません。

客先訪問の際にフレッシュさを演出したい場合や、社長が出席する会議など、TPOに合わせて用意できれば一番良いですね。

ビジネスシーンではTPOを良く考えて、『このスーツを着る理由』を考えて着こなせば自身も持てますし、スーツ選びが楽しくなりますよ。

 

スポンサーリンク