【知ってる?】故障や事故、放置車両などの動かないバイクを買取してもらう時に注意するポイント

バイクの事故

ですが、故障してしまったバイクに関しては、修理費が高額になってしまうことがあります。

タイヤを交換するだけで済むような修理なら別ですが、エンジンやフレームの修理となると、非常に高額になってしまうことも多々あります。

故障車や不動車を買取してもらう際には、通常通りの買取方法ではなく、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

注意しておくポイントを把握しておくことで、高値で買取してもらうことができます。

 

修理してから買取ってもらうのは?

グラインダーで鉄鋼を削っているところ

故障車や不動車となると、当然ですが買取の価値は下がってしまいます。価値が下がってしまった状態では、買取価格を期待することができませんので、修理してから買取してもらった方が良いのではないかと考える方がいます。

これには一長一短があり、例えばタイヤのパンクくらいの修理なら、パンクしたままよりは修理した方が買取価格にプラスになることが多いです。

また、テールランプやウインカーが故障してしまい、交換の必要がある場合も、自身で修理と交換を行うことができれば買取に有利になります。

簡単に修理することができる、もしくは修理する際の費用が少ないときは、修理してから買取してもらった方が良いでしょう。

しかし、エンジンの故障やフレームの故障のように、修理費に多額の費用が必要になってしまうときは修理するのは止めておきましょう。

修理費に多額の費用がかかってしまってからでは、買取金額をオーバーする修理費が必要になることも多く、結果損をしてしまうことがあります。

買取店は自社で修理した後にオークションや店舗での販売を行います。自身での修理だと、余計な人件費が必要になってしまうので、その差額で損をしてしまいます。

とくにエンジンの修理は非常に高額になってしまうことも多く、修理してからの買取はオススメできません。

 

バイク買取一括査定の利用

ツーリングしている大型ツアラー

故障車や不動車のような特殊なバイクは、通常の買取店では無料で買取られてしまうことも珍しくありません。

こうなると引き取られているのと同じことですので、少しでも買取価格をアップしたいと思っている方は、バイク買取一括査定を利用すると良いでしょう。

バイク買取一括査定は、入力フォームに故障車の状態や車種を入力するだけで、およそいくらで買取ってくれるか、様々な業者からの簡単な見積もりを受け取ることができます。

したがって、わざわざ業者に一つ一つ見積もりを出してもらう必要がありません。故障車や不動車でも利用することができるので、特別な事情がない限りは一括査定を有効活用すると便利です。

 

不動車の買取の注意

暗いイメージのバイク写真

不動車の場合は、動かすことができないので店舗まで持ち込むことができません。

このようなときは、出張買取を利用すると便利です。出張買取なら、自宅まで見積もりに来てくれるので、不動車を運ぶ手間がかかりません。

出張買取でも、見積もりに不満があれば売らないということも可能です。自身が納得することができる金額なら、売るようにすると良いでしょう。

 

事故車の買取について

知らないおじさんとスクーター

自身が予期しないタイミングで、事故に遭遇してしまうということも考えられます。

事故の度合いによっては走行に全く支障が出ないこともありますが、ボディにダメージが残ってしまうこともあります。

走行に支障が出てしまうような深刻な状態だと、残念ながら買い替えを検討しなければなりません。

事故に遭遇してしまったバイクは、そのまま廃車してしまうことも多いのですが、新しいバイクの費用捻出のためには少しでもお金に換えておきたいところです。

事故車を買取ってもらうことによって、購入の負担を軽減することができます。事故車を買取ってもらう際に注意するポイントを把握しておけば、実際に売るときに困ってしまうことがありません。

 

動かすのが難しい場合は

程度によりますが、事故車の場合も不動車同様に動かせないケースがありますよね。

買取店に見積もりを出してもらうのがとても大変です。

そういう場合は、ネットで呼べる出張買取業者を利用すると良いでしょう。

かなりひどい事故車でも、メーカーや車種など簡単な情報で査定を出してもらうことができます。

 

自宅まで来てくれる業者へ依頼

壊れたバイク

買取を検討するほどの事故車になってしまうと、自力で走行することが難しいことが多々あります。

自力で走行することが可能であったとしても、バイク自体にダメージがあるなど走行に不都合が生じてしまうことがあります。したがって、事故車に乗って査定をしてもらいに店舗に赴くのは、難しいと考えておくようにしましょう。

事故車を買取ってもらうときは、バイクがあるところまで査定に来てくれるところに依頼する必要があります。その際には、出張費などがかからない無料で査定をしてくれるところに依頼すれば、費用もかからずに買取してもらうことができます。

 

まずエンジンの状態を把握する

 

事故車のバイクの買取をしてもらうときに重要なのが、エンジンの状態がどのようになっているかです。

エンジンが故障してしまっていると、バイクの価値は大きく下がってしまいます。エンジンがかかる状態なら、車体が壊れていても走行可能な範囲で修理をすることができるので、バイク屋としても買取をする価値があると判断します。

 

メインフレームの状態を見る

メインフレームが故障してしまうと、やはり車体として価値が低くなってしまいます。メインフレームが生きている状態で、エンジンがダメだと意味がありませんが、メインフレームも買取のポイントの一つです。

 

古いバイクについて

古いバイクのエンジン

全く走行ができない状態になったとしても、部分的な部品は使用することができることがあります。

現行車だと部品に価値はそれほどありませんが、古いバイクだと部品に価値があります。

また、現行車でも純正部品に価値があることもありますし、カスタムパーツを装着していればやはり高値での買取が期待できます。

古いバイクは、生産されていませんので部品を新たに作ることがありません。古くて珍しいバイクが動かない状態で放置されてしまっても、すぐに廃車するのではなく、部品を売ることができるか調べると良いでしょう。

 

まとめ

黄色いトライアンフのバイク

故障車や不動車になってしまうと、全く買取価格に期待することができないと思ってしまいがちです。もちろん買取価格は下がってしまいますが、買取価格に期待することができない訳ではありません。

故障車や不動車の状態を見極めて、簡単に修理することができる部分は修理するなど工夫することで、しっかりとした買取価格で買取ってもらうことができます。

一括査定などのサービスを併用すれば、手間もかからずスムーズに買取ってもらえます。

バイク買取のおすすめ業者については、下記の記事で詳しく紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

>絶対失敗しないためのバイク買取査定業者ランキング